眼瞼皮膚弛緩症


両眼の眼瞼が腫れ(浮腫),2,3日で消失します.再発性があり,腫れることによって次第に皮膚が伸長して薄くなり,後遺症として皮膚に皺ができて,wrinkled cigarette paper skin(しわくちゃの巻たばこ用の薄い紙様の皮膚)と呼ばれます.

眼瞼皮膚弛緩症は思春期に起こり,加齢で見られる皮膚弛緩症とは異なります.眼瞼皮膚弛緩症でみられる再発性の浮腫,皮膚が薄いこと,皮下の毛細血管拡張症が皮膚弛緩症では見られません.

原因は分かっていません.ホルモン分泌過剰,呼吸器感染症,アレルギーが考えられています.

後遺症として,薄い皮膚の皺,皮下の毛細血管拡張症,色素沈着,眼瞼内反,眼瞼外反,眼瞼下垂,眼窩脂肪脱,涙腺脱があります.