ドライアイ

症状はヒリヒリ感,乾燥感,異物感,視力低下,流涙.

涙は油層,水層,粘液(ムチン)層の三層からなっています.外側にある油層は主にマイボーム腺から分泌され,水層の蒸発を阻止します.この層が減少すると蒸発性ドライアイを引き起こします.水層は主に涙腺から分泌され,角膜へ酸素,抗菌物質,白血球の供給,洗浄を行っています.粘液層は結膜ゴブレット細胞から分泌され,潤滑作用があり,涙液を角膜に保持します.

涙の三層
涙の三層

原発性のドライアイはこれらの分泌機能の低下で,閉経時あるいは閉経後の女性に多くみられます.続発性として喫煙,長時間の読書,コンピューターやテレビのモニターを見る仕事などのライフスタイル,眼瞼炎によるマイボーム腺機能不全,LASIKで起こる角膜神経途絶による涙液反射の障害,サルコイドーシスなどによる涙腺機能低下,シェーグレン症候群,避妊薬,抗コリン薬などによる副作用などで起こります.

治療は人工涙液の点眼,重症例では涙点プラグ挿入,ゴーグル装用等があります.最近NHKで報道されたムコスタ点眼薬®は結膜ゴブレット細胞を増加,ジクアス点眼薬®は結膜ゴブレット細胞からのムチン産生を促進する点眼薬です.NHKの報道を見て,裸眼視力の改善のために来院された患者さんが複数いましたが,視力低下の原因がドライアイ,角膜びらんなどの角膜疾患でない限り,視力改善の効果はありません.