生理的飛蚊症


後部硝子体剥離とも呼ばれます.目の中には透明なジェルが入っています.これを硝子体と呼びます. この硝子体の周りに硝子体膜があり,生まれて時には硝子体膜は網膜とくっついているのですが,加齢によりこの硝子体膜が網膜から剥がれ,剥がれた硝子体膜の一部に濁り,この濁った部分が動き,飛蚊症(目を動かすと蚊が飛んでいるように見える)が起こります. かすみ,眩しさが出現することもあります.関連疾患として裂孔原性網膜剥離があります. 後部硝子体剥離は病気でなく,治療もありません.重要なのは,飛蚊症の症状が起こる網膜裂孔(網膜格子状変性参照),裂孔原性網膜剥離中間部ぶどう膜炎などとの鑑別です.