Quincke浮腫(クインケ浮腫)


皮膚,粘膜が急に腫れる疾患で,蕁麻疹に似ていますが,蕁麻疹よりも深層で起こり,痒みは無いか,軽度です.多くは瞼,口のまわり,舌など,顔面や手で起こります. 後天性と遺伝性に分けられ,後天性は食物や薬のアレルギーで起こることがありますが,多くは原因不明です.遺伝性は稀の疾患ですが,消化管も腫れ,腹痛や嘔吐を繰り返す場合は疑われますHAE(HAE(遺伝性血管性浮腫)情報センター). 通常,蕁麻疹が1日以内に消失するのに対して,Quincke浮腫では消失までに1-2日ほどかかります.治療は蕁麻疹と同じで,眼瞼浮腫では抗炎症剤(セルチジン(ジルテック内服®)等)が処方されることがあります.

Quincke(クインケ)浮腫による眼瞼腫脹。まぶたが腫れて開眼が困難。

Quincke(クインケ)浮腫による結膜ケモーシス。白目が水ぶくれになっている。