網膜静脈閉塞症

網膜動脈の動脈硬化によって隣接する網膜静脈が圧迫され,血栓が起こり,網膜に出血し視力低下,視野障害の症状が出現します.動脈硬化,高血圧,糖尿病などの全身疾患で起こることがしばしばみられます.全ての網膜静脈が閉塞する網膜中心静脈閉塞症と一部分の網膜静脈が閉塞する網膜静脈分岐閉塞症に分けられます.図1は網膜静脈分岐閉塞症写真です.

brvo
図1. 網膜静脈分岐閉塞症
crvo_impending
図2. 網膜中心静脈閉塞症(切迫型)
網膜静脈閉塞症による新生血管
図3.網膜静脈閉塞症による新生血管

閉塞の状態も,完全閉塞に至る前の切迫型(図2),黄斑部が腫れる黄斑浮腫,新生血管が出現し(図3),さらに新生血管緑内障や硝子体出血硝子体出血が起こる場合など,いくつかの段階があります.切迫型では抗血小板内服,黄斑浮腫や新生血管が出現すると抗血管新生療法(抗VEGF療法)網膜光凝固が必要になります. 他にステロイド(トリアムシノロン)テノン下注射,緑内障濾過手術,硝子体手術などの治療があります.