多焦点眼内レンズ 先進医療保障の対象外

生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で2020年4月以降、多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術が対象外となる見通しになりました。多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は自費で高額ですが、保険会社の先進医療特約の支払件数の大半を占めてきました。通常の白内障手術で用いられる単焦点眼内レンズは健康保険内ですが、先進医療特約に加入し、白内障手術をお考えの方は注意が必要です。