新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症への対策として、当院では微酸性次亜塩素酸水を加湿器で噴射することによる新型コロナウイルス (SARS‑CoV‑2) の不活化、ドアの開放、診療時間変更を行っております。
しかし、これらによって、感染リスクがなくなるわけではありません。新型コロナウイルスの感染率の状況、政府による緊急事態宣言を考慮し、診療時間短縮や一時的な休診をせざるを得なくなる可能性がございます。今後、変更があり次第、ホームページに掲示いたします。