中心性漿液性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症は,略して中心性網膜症或いは中心性網膜炎とも呼ばれます.

網膜の外側に脈絡膜があり,脈絡膜が網膜への栄養補給と網膜の老廃物の排出を行っています. 網膜のうち,最も外層の網膜色素上皮層が両膜間のバリアーの役目を果たしています.中心性脈絡網膜症では黄斑部で網膜色素上皮層のバリアー機能が低下し,局所的に漿液性網膜剥離が起こります.霧視,ゆがみ,中心部分が見えなくなるといった症状が出現します.

青年男性に多く,心理的,生理的ストレスが誘因の一つだと考えられています. また,自己免疫疾患などでステロイド内服の副作用で起こることもあります.

治療として末梢循環改善薬などの内服投与とレーザー治療(網膜光凝固術)があります. レーザーによって,脈絡膜から網膜への漏出を止めることはできますが,照射部位は見えなくなります. 自然治癒がしばしば見られ,内服投与による経過観察を行います. レーザー治療は数か月たっても自然治癒が見られず,漏出部位が黄斑の大切な部分から外れている場合に限られます.

下図はステロイド内服で見られた症例です.左が初診時,右が内服投与1か月後の光干渉断層計(OCT)写真です.

中心性漿液性網脈絡膜症
中心性漿液性網脈絡膜症

再発性がみられることがあります.50歳以上の患者さんでは類似疾患である加齢黄斑変性が疑われ,この場合は治療方法が異なり、抗VEGF療法が第一選択です.