コンタクトレンズ

2015年6月に厚生労働省よりクリニック内でコンタクトレンズの交付(販売)が出来ることが明確化されました。これを踏まえ、当院でも9月より院内でのコンタクトレンズの交付を開始しました。コンタクトレンズ販売店とは異なり、コンタクトレンズ販売による収益性を求めておりません。

コンタクトの交付時間は診療時間をご覧ください。

現在主流のソフトコンタクトレンズはシリコンハイドロゲルという素材が使われています。従来のソフトコンタクトレンズ(当院で取扱っているものとしてはCooper VisionのバイオメディックスとJ&J社のモイスト,デファイン,SEEDのpureうるおいplus)では含水率が高いほど酸素透過性が高かったのに対して,シリコンハイドロゲルでは含水率が低いほど酸素透過性が高くなります.含水率が低いと装用感が悪くなる傾向があります.

含水率 素材が含む水の割合.含水率が高いほど装用感は良好である一方,乾燥感を受けやすい.
Dk値 素材が酸素をどれくらい通すかを表す値.素材のレンズ透過性.
Dk/L値 Dkをレンズの厚みLで割った値.実際のレンズの酸素透過性を示す.高いほど目(角膜)に良い.

以下に当院で取り扱っているソフトコンタクトレンズの酸素透過性と含水率のグラフを示します.シリコンハイドロゲルは従来のコンタクトに比べて,酸素透過性が良いことが分かります.

コンタクトレンズの比較(酸素透過性と含水率)

取扱いコンタクト

下の図表の価格は全て税込です。

消費税増税に伴い、2019年9月30日より、価格が異なります。

1day (2019年9月30日注文以降)

1day 乱視用 遠近両用(2019年9月30日注文以降)

2weekコンタクト(2019年9月30日注文以降)

ハードコンタクト(2019年9月30日注文以降)

2 week 3ヶ月お買い得(レンズ+ケア用品)

2 week使い捨てコンタクト使用時にはコンタクトレンズケア用品を正しく使用することが必要です.3ヶ月お買い得ではコンタクトレンズケアが付いており,トータルでは極めてお買い得です.このお買い得はコンタクトレンズ販売店,インターネットにはありません.コンタクトレンズケアについては私が監修した汚れや酸素不足が引き金に!コンタクトレンズで注意したい眼障害とは?,当HPのコンタクト障害をご覧ください.

バイオフィニティーアドバンスドパック

アドバンスドパックではCooper Visionのバイオフィニティーにオフテクス社のケア用品「cleadewファーストケア」3ヵ月パックを付けたものです.cleadewファーストケアはヨウ素の力で感染症原因菌を消毒するものです.アドバンスドパックで極めて低価格で購入できます.

B&L ACUALOXウエルカムパック

2箱に1ヶ月分のケア用品である多目的溶剤(MPS)が付きます.ウエルカムとなっていますが,初めての方のみではありません.