バイオレットライト仮説

「近視」に対するテレビ報道について「『近視』に対するテレビ報道について」と題する一般市民向けの声明を発表した。同年11月6日に放送されたTBS系報道バラエティー番組「あさチャン!」で、「中学生1割が失明のおそれ」との報道がなされました。近視進行抑制として、バイオレットライトなる光の照射が有効との報道がありましたが、このような方法は確立されていません。日本眼科学会、日本眼科医会、日本近視学会の3団体は2019年12月、「『近視』に対するテレビ報道について」と題する一般市民向けの声明を発表しました。

このバイオレットライトを謳う医師達はブルーライトによる障害を発信する医師達とオーバーラップしています。
ブルーライト(青色光網膜障害)
ブルーライトを受けても失明になることは無い