黄斑円孔


黄斑の中心にある中心窩での網膜内に嚢胞ができたり,網膜が網膜色素上皮から剥がれる疾患です. 多くは後部硝子体剥離や網膜前膜によって,網膜が硝子体側に牽引されて起こります.これ以外に,外傷性や黄斑浮腫で起こることもあります.症状として,ゆがみ,中心部の視力低下が出現します.

幾つかの段階(ステージ)があり,網膜が網膜色素上皮から剥がれる段階になると,治療は網膜を引っ張っている硝子体膜を除去する硝子体手術になります.

下の右図が黄斑円孔です.左図の黄斑は正常です.(光干渉断層計(OCT)検査)

黄斑円孔

黄斑円孔