黄斑前膜


網膜前膜とも呼ばれます。後部硝子体剥離の時に,硝子体膜の一部が網膜に残り,残った硝子体膜が肥厚し,この肥厚した硝子体膜によって網膜が牽引され, 症状として,視力低下,ゆがみが出現します.(網膜の黄斑部で起こるため,黄斑前膜とも呼ばれます.) 緊急を要する疾患ではないため,光干渉断層計(OCT)などを行いながら,経過観察がなされます. この網膜前膜と関連疾患として黄斑円孔偽黄斑円孔等があります. 視力低下がみられる場合は入院による硝子体手術が必要になります.

下図が網膜前膜の光干渉断層計(OCT)写真です.

網膜前膜

網膜前膜