再発性角膜びらん


局所的に角膜上皮基底細胞と基底膜との接着が悪くなり剥離し,角膜神経が刺激され,強い痛みと流涙が,表層が粗面化して眩しさが出現します.睡眠中に角膜上皮と瞼間の摩擦など,小さな損傷が原因だと考えられていますが,過去の角膜上皮の損傷や角膜変性の基礎疾患がある方で起こることもあります.

発症時の治療は抗生物質点眼+散瞳薬点眼(サイプレジン点眼®など)が行われます.5%食塩眼点眼や軟膏も有効ですが,日本には販売されていないため,調剤薬局での処方が必要です.他に,眼球圧迫眼帯もありますが,否定的な意見もあります.重症例では治療用コンタクトレンズ装用,創面切除(デブリードメント)や角膜実質穿刺が行われます.剥離消失後は潤滑油ジェル点眼(ヒアレイン点眼®等)や睡眠前に眼軟膏(フラビタン眼軟膏®等)が行われます.これらの治療がなされても再発がみられることがあり,多くは数か月から年単位の経過観察が必要です.