硝子体黄斑牽引症候群


後部硝子体剥離が網膜の一部分のみを残して起こることによって,残った部分が引っ張られることがあります.これが網膜のうち最も大切な黄斑で起こるのが硝子体黄斑牽引症候群です.類似疾患として網膜前膜黄斑円孔偽黄斑円孔があります.

硝子体黄斑牽引症候群

硝子体黄斑牽引症候群

症状は物の歪み,光視症,中心の物が小さく見える等があります.治療として硝子体手術がありますが,自然経過で残った部分が剥がれ,治癒することもあります.